This domain sponichi.co is for sale. Contact EMAIL :::: teammmrem@yahoo.com


ゴルフツアーコーチ 勝山尚樹のグリーントーク

メダル獲得争いの難しさ リオの経験、東京に

ホールアウトし丸山コーチとハイタッチする野村
Photo By スポニチ

 テレビ観戦で寝不足だった方も多いのではないでしょうか?リオ五輪も終わり、完全に夜型人間になってしまったプロゴルファー勝山尚樹です。今回は五輪総括をさせていただきます。

 後半戦、女子レスリング初日は3人が3人とも劣勢からラストワンプレーでの逆転金メダル。精神的な強さを感じさせられました。伊調馨選手、4連覇おめでとう。同じく4連覇が懸かった吉田沙保里選手は残念ながら銀メダル。でも、2人ともトップアスリートに20年間も君臨するって半端じゃないですよね。強い精神力が強い体、勝負強さをつくるんでしょう。ゴルフ界で言うならタイガー・ウッズでしょ!いや~凄いです。

 女子ゴルフは、男子競技での反省点を踏まえて初日から攻めと守りをハッキリとして、メダル獲得のために攻撃的にプレーをしているように見えました。テレビの解説も聞きやすくなったし、見る側も「メダルゴルフ」に慣れてきたのかな?

 結果は野村敏京選手が最終日の活躍で4位タイと、最後までメダル争いを楽しませてもらいました。今回で敏京ファンは確実に増えましたね!この悔しさは、次回大会にも出てリベンジしかない!前評判通り、ゴルフ強国韓国の朴仁妃(パクインビ)選手が大差を付けての優勝。さすがですね。層の厚さを再度実感させられました。

 今回、日本チームをサポートした丸山茂樹ヘッドコーチの笑顔の中に垣間見える鋭い眼光に、代表監督の難しさとメダルゴルフの難しさを感じました。ゴルフ競技が五輪競技として選手の目標になるためには、リオの大会関係者のアドバイスが絶対に必要になると思います。東京五輪のゴルフの成功は必須です。なぜなら、男子は112年前に2大会、女子は116年前の1大会で五輪から競技が消えたからです。やっとついたこの火を消すことのないよう、万全を期して成功に導いてほしいと心から願います。

 日本代表選手、全力プレーをありがとう。4年後は会場で応援するぞ!

 ◆勝山 尚樹(かつやま・なおき)1969年(昭44)8月1日、千葉県生まれの47歳。市船橋卒。87年阪神の入団テスト合格も翌年プロゴルファーを目指し渡米。約5年間の修業を経て「ザ・ゴルフ・クリニック」のマスターインストラクター取得。日本プロゴルフ協会会員。ツアーコーチとしてプロゴルファーを育てた。

[ 2016年8月23日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

バックナンバー

スポニチwikiランキング

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      スポーツフィッシング

      コラム

      ランニング企画

      スペシャルコンテンツ